トライステージは子会社を通じ、コンタン(東京都台東区)が手がける日本各地の特産品や名産品を販売する「日本百貨店」事業を会社分割方式により取得することについて決議した。対象事業の直近売上高は7億3000万円。

コンタンは、ルミネなど首都圏の有力商業施設を中心に「日本百貨店」5店舗を展開しており、地方生産者にとっては首都圏における販路獲得の有力な手段として位置づけられている。顧客は日本人から外国人観光客など幅広く、直近3年間で売上高の平均成長率は50%超と急拡大している。トライステージは、ダイレクトマーケティング支援を通じて培った経験を活かし、販売チャネルの拡大や新規出店の加速を進めるほか、東南アジアを中心とした海外展開も視野に成長戦略を推進する。

対価として、トライステージの子会社トライステージリテイリングの普通株式1000 株をコンタンへ割り当てる。会社分割の効力発生日は2016年3月1日。