M&A速報

イマジカ・ロボット ホールディングス<6879>、アニメーション制作会社を子会社化

2015/12/22

映像コンテンツの編集・加工や企画・制作等、映像関連事業を展開するイマジカ・ロボット ホールディングス(東京都)は、「ポケモン」シリーズや「妖怪ウォッチ」シリーズ等の TV・劇場用アニメーションを主体とした各種映像の企画・制作を行うオー・エル・エム(東京都、売上高79億円、営業利益10億円、純資産25億円、所有割合:4.85%、以下OLM)の株式を追加取得(取得後の所有割合、51.33%)、子会社化することを決議した。

イマジカ・ロボット ホールディングスは、既存の実写映画・ドラマ・CM等の映像ソフ

ト事業を強化すると共に、新たに子供達に親しまれているアニメ制作事業を獲得することで、映像ソフト事業の更なる拡大を図るとしている。

株式取得価額は28億円(アドバイザリー費用等含む)。

株式譲渡実行予定日は平成28年4月4日。

M&Aデータベース

関連の記事

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

2021/02/03

希望退職募集の動きが2021年も年明けから相次いだ。アパレルの三陽商会が150人程度を募るのを筆頭に、外食2社を含めて7社が計画を発表した。緊急事態宣言が1カ月延長されたことで、業績の戻りはさらに遠のき、リストラ圧力が一層強まりかねない。

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

2021/02/01

2021年1月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月を21件下回る53件となり、2016年以来5年ぶりに減少した。新型コロナウイルス感染拡大の第3波で年明けに緊急事態宣言が再度発令され、M&A取引にも影響が及んだ可能性がある。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア