東京テアトル(株)(以下「東京テアトル」)は、同社のマンション管理事業(売上高1億7200万円、資産800万円、負債3400万円、以下「対象事業」)を(株)東京建物アメニティサポート(以下「東京建物アメニティサポート」)が承継する吸収分割を行うことを決議した。

東京テアトルは対象事業について、事業規模が小さく独自での拡大が 難しいと判断し、引き続き成長発展させることができる会社へ外部移管することを検討してきた。

一方、東京建物アメニティサポートは、マンション管理の専業会社として規模拡大によるビジネスチャンスの創出並びにサービス品質向上等を企図したM&A戦略を推進しており、東京テアトル及び東京建物アメニティサポートの戦略が一致したことからこれまで協議を進めてきた。

その結果、東京テアトルは、東京建物アメニティサポートがマンション管理事業への理解が深く顧客へのサービス向上が期待できることなどから外部移管先としてふさわしいと判断し、今回、両社での協議が整ったことから、対象事業を東京建物アメニティサポートが承継する吸収分割を行うとしている。

東京テアトルは東京建物アメニティサポートより対価として金銭の交付を受ける予定。

分割契約締結日は2015年12月11日。

分割効力発生予定日及び金瀬交付予定日は2016年2月10日。