コメ卸売大手の木徳神糧(東京都)は、ベトナムで米穀の生産、加工、販売、輸出入等を行う有力米穀卸AN DINH TECHNOLOGY DEVELOPMENT AND INVESTMENT COMPANY LIMITED(ベトナム、売上高4億円、営業利益1千万円、純資産 7千万円)の株式80%を取得、子会社化することを決議した。

木徳神糧は、グローバルなコメビジネスの展開の一環として、経済成長の著しいベトナムにおいて、良質なベトナム産ジャポニカ米の生産・加工・販売事業の更なる発展を図るためAN DINH TECHNOLOGY DEVELOPMENT AND INVESTMENT COMPANY LIMITEDを子会社化し、平成28年3月(予定)より、キトク・ハノイ有限会社(仮称)として事業展開するとしている。

株式取得価額は2億円。

株式譲渡実行予定日は平成28年3月。