総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を全国展開するジャパンベストレスキューシステム(愛知県)は、不採算事業からの撤退のため、子会社(所有割合62.41%)で福島第一原子力発電所から飛散した放射性物質の除染作業を行うバイノス(福島県、売上高14億円、営業利益△5億円、純資産△11億円)の保有株式全てを、バイノスの元従業員(愛知県)に譲渡する。

同社は平成25年2月にバイノスを子会社化していた。

株式譲渡価額は960円。

株式譲渡日は平成27年8月24日。