太平洋セメント(株)の連結子会社であり、セメント、生コン、骨材、アスファルト製造及び販売を行うCalPortland Company(米国、以下「CPC社」)は、骨材、セメント、生コン、アスファルトの製造および販売を行うMartin Marietta Materials,Inc.(米国)及びそのグループ会社(以下併せて「MMグループ」)のカリフォルニアにおけるセメント事業用資産を買収することを発表した。買収資産は①セメントプラントのオログランデ工場、②セメントターミナル2ヶ所(ストックトン、サンディエゴ)。

本資産買収により、CPC社がカリフォルニア州に保有しているコルトン工場の生産中止により縮小したセメント生産能力を回復することが出来ることに加えて、カリフォルニア州、アリゾナ州およびネバダ州におけるセメント需要増に対応可能な供給体制の構築を図ることが可能となるとしている。同時に、MMグループが保有しているカリフォルニア州オログランデのセメント工場は、大需要地であるロサンゼルスに近い立地であることから、CPC社が保有する2つのセメント工場を含めた物流・生産の最適化を図ることにより、物流費低減および生産最適化効果を見込むことが出来るとしている。

資産買収価額は520億円(420百万ドル)。

資産買収実行予定日は2015年度第2四半期中。

※1ドル=124.03円にて換算。