M&A速報

光通信<9435>、アイフラッグ<2759>を完全子会社化

2015/06/24

光通信は、ホームページの企画・構築を手がけるアイフラッグ(JASDAQ上場)を株式交換により完全子会社化することを決議した。アイフラッグは2015年9月29日付けで上場廃止となる。

光通信はアイフラッグの筆頭株主で、資本業務提携の関係にある。完全子会社化によりアイフラッグの安定的な資金調達を実現し、光通信の展開する業種別特化型事業とのシナジー(相乗効果)によりグループとして収益力の強化を図る。

株式交換比率は光通信1:アイフラッグ0.012で、アイフラッグの1株に対し光通信の0.012株を割り当てる。株式交換実施予定日は2015年10月2日。

関連の記事

おせち問題を招いたグルーポンが日本を撤退する「本当の理由」

おせち問題を招いたグルーポンが日本を撤退する「本当の理由」

2020/10/01

共同購入型クーポンサイトの米グルーポンが日本市場からの撤退を発表した。2010年8月に同業ベンチャーのクーポッドを買収して日本に進出。「格安で商品購入やサービスを受けられる」と、一世を風靡した。なぜ、グルーポンは日本で成功できなかったのか?

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5