M&A速報

イマジカ・ロボットホールディングス<6879>、気象予報業務を行う会社を子会社化

2015/05/29

(株)イマジカ・ロボットホールディングス(以下「イマジカ・ロボットホールディングス」)は、連結子会社で人材コンサルティング事業を営む(株)イマジカデジタルスケープ(以下「IDS社」)を通じて、気象予報業務を行う(株)ウェザーマップ(以下「WM社」)および、その子会社2社の株式を取得し、子会社化することを発表した。

イマジカ・ロボットホールディングスは、WM社とIDS社との事業ノウハウを融合させることで、WM社の主要取引先であるテレビ局やインターネット事業会社等、メディアに対する営業的な訴求力を高めていくとしている。また、気象情報に関連した番組制作や気象データのビジュアライゼーションの分野においても、コンテンツ制作事業の拡大が期待できるとしている。

株式取得価額は非公表。

引渡予定期日は2015年6月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

2021/02/03

希望退職募集の動きが2021年も年明けから相次いだ。アパレルの三陽商会が150人程度を募るのを筆頭に、外食2社を含めて7社が計画を発表した。緊急事態宣言が1カ月延長されたことで、業績の戻りはさらに遠のき、リストラ圧力が一層強まりかねない。

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

2021/02/01

2021年1月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月を21件下回る53件となり、2016年以来5年ぶりに減少した。新型コロナウイルス感染拡大の第3波で年明けに緊急事態宣言が再度発令され、M&A取引にも影響が及んだ可能性がある。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア