M&A速報

リブセンス<6054>、サイト運営会社の株式取得

2015/03/25

(株)リブセンスはフルフィルメント型Eコマース(以下EC)サイトを運営する(株) waja(売上高4億5600万円、営業利益1100万円、純資産9600万円、以下「waja」)の株式71.7%を取得し子会社化することを決定した。

リブセンスグループは、社内開発・出資・事業提携・M&A を検討・推進する中で、これまで参入を模索してきた EC 領域、特にCtoC・越境EC領域につき、独自性・成長性の高い waja と共に開拓することを決定したとしている。

waja は、CtoC ECサイト「waja」において、バイヤーが仕入れた商品を購入できるだけでなく、フルフィルメント(商品の検品、採寸、写真撮影、在庫管理、決済・配送等)システムにより、購買者が感じる不便や課題を解消することで、商品取扱高を順調に伸ばし続けている。

国内のファッション・インテリア・雑貨EC市場は、拡大を続けており、wajaの強みであるEC事業に関する実績やノウハウと、リブセンスグループの強みである Web マーケティングに関するノウハウやインターネットサービス開発力を相互に活かし高めていくことで、waja が運営する既存 EC サイトの事業拡大はもちろんのこと、国内外のEC市場において新たな価値創造に取り組んでいくとのことである。

株式取得価格は3億9300万円。

アドバイザリー費用等は700万円。

株式譲渡実行予定日2015年4月3日

M&Aデータベース

関連の記事

新型コロナ、サマンサタバサが株主総会を延期|M&Aに影響するケースも

新型コロナ、サマンサタバサが株主総会を延期|M&Aに影響するケースも

2020/04/28

新型コロナウイルスの感染拡大が企業活動のさまざまな場面に影響を及ぼしている。27日はバッグ・ジュエリーで知られるサマンサタバサジャパンリミテッドが5月下旬に予定していた定時株主総会を6月下旬に延期すると発表した。

[人材派遣業界のM&A]買収ニーズが高く、譲渡金額が高額に

[人材派遣業界のM&A]買収ニーズが高く、譲渡金額が高額に

2016/08/31

人材派遣業界は2014年度時点で、一般派遣で3兆9,056億円、特定派遣で1兆5,338 億円、合計5兆4,394億円の市場規模を有する。ピーク時の08 年度の7兆7,892 億円には遠く及ばないものの、アベノミクス下の好景気により、企業の求人需要は拡大が続く派遣業界のM&A動向を探る。

M&A速報検索

クリア