M&A速報

イマジカ・ロボットHD<6879>、共同投資により米国映像関連事業会社を子会社化

2015/02/19

イマジカ・ロボットHD(東京都)は、海外需要開拓支援機構及び住友商事と共同で、メディア・ローカライゼーションサービス(映像コンテンツの吹き替えや字幕付等)の世界規模のリーディングカンパニーであるSDI Media Central Holdings Corp.(米国、売上高198億円、以下SDI)を連結子会社化することについて決議した。

取引は、三社が出資する特別目的会社(以下SPC)が、BPNパリバ傘下の会社からSDIの全株式を取得する形で行い、イマジカ・ロボットHDはSPCの50.1%の持分を取得する予定。

イマジカロボットHDは既存事業に加えてメディア・ローカライゼーション事業を拡充し、これまで国内中心であったグループの事業体制を全世界へ展開・構築していく。

SPCによるSDI株式の取得価額は178億円。

イマジカ・ロボットHDによるSPCの株式取得価額は89億円。

株式取得予定日は平成27年4月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

2021/02/03

希望退職募集の動きが2021年も年明けから相次いだ。アパレルの三陽商会が150人程度を募るのを筆頭に、外食2社を含めて7社が計画を発表した。緊急事態宣言が1カ月延長されたことで、業績の戻りはさらに遠のき、リストラ圧力が一層強まりかねない。

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

2021/02/01

2021年1月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月を21件下回る53件となり、2016年以来5年ぶりに減少した。新型コロナウイルス感染拡大の第3波で年明けに緊急事態宣言が再度発令され、M&A取引にも影響が及んだ可能性がある。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5