M&A速報

協和エクシオ<1951>、ソフト開発事業会社を傘下に持つAIDホールディングスを子会社化

2014/11/06

協和エクシオは、金融機関向けのソフトウエア開発を手がけるアドヴァンスト・インフォメーション・デザイン(長野県松本市。売上高63億6000万円、営業利益5億1600万円、純資産20億円)の持ち株会社であるAIDホールディングス(同)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

アドヴァンスト・インフォーメイション・デザインは、1980年の設立以来金融機関向けの基幹系システムを中心に官公庁系システムや製造業向けの管理システムなどを提供してきた。協和エクシオは同社取得により、システムソリューション分野での拡大を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2014年12月1日。

関連の記事

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

2019/03/29

2018年度に上場廃止した企業は62社を数える。「カーナビ4強」のうちパイオニア、クラリオン、アルパインの3社が期せずして上場廃止に。70年の上場歴を持つ昭和シェル石油も出光興産との経営統合に伴い、東証銘柄から姿を消した。

【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

2018/10/23

協和エクシオが2018年10月1日にシーキューブ、西部電気工業、日本電通と経営統合した。電気通信工事市場が縮小傾向にあるため、工事の採算性を改善し安定した収益を確保するのが狙いだ。

【ミライトHD】M&Aでフロンティアに挑む 「通信工事」の殻破るか

【ミライトHD】M&Aでフロンティアに挑む 「通信工事」の殻破るか

2018/05/22

ミライトHDはNTT向けを中心とする通信工事業界3強の一角を占める。コムシスHD、協和エクシオに続く3番手だが、M&Aに関しては互角だ。M&Aを積極活用し、新エネや電気・空調設備、アジア市場など新事業領域を拡大してきた。

M&A速報検索

クリア