M&A速報

シダックス<4837>、マルチブランドレストランチェーン事業会社の株式を一部譲渡

2014/02/07

シダックス(株)(以下「シダックス」)は連結子会社で投資業を事業とするRestaurant Hospitality LLC(アメリカ、売上高-円(-千米ドル)、営業利益0円(0千米ドル)、純資産36億3000万円(35,826千米ドル)、議決権所有割合85%、以下「RH」)の持分の一部をレストラン及びケータリング事業を行うDNC Landmark Holdings, LLC(アメリカ、以下「DNL」)に譲渡することを決議した。株式譲渡後の議決権所有割合は20%となりRH及びその連結子会社Patina Restaurant Group LLC他LLC事業子会社等17社(以下「PRG」)は、シダックスの連結子会社から除外され、持分法適用会社となる。

RHの持分をDNLへ譲渡することにより、①PRGの事業拡大にシナジー効果をもたらし、PRGの事業価値を増大させること、②DNLの親会社であるDelaware North Companies, Incグループ(以下「DNCグループ」)とのRH持分の共同保有・運営により、互いの事業機会を模索しながらシダックスグループのプレミアムブランド戦略を進めることは、シダックスグループの企業価値増大に寄与すること、③今回の株式譲渡によって確保された資金を、国内における事業に投下することにより、事業拡大に資すると判断し、本件持分譲渡を決議したとのこと。なお、シダックスグループは持分法適用関連会社としてRHの一部持分の保有を継続し、国内におけるスペシャリティレストラン事業の強化を図るとともに、DNCグループとの友好的なビジネス関係を構築し、自社グループ及びDNCグループの更なる発展を目指していくとしている。

持分譲渡価額は未定。

持分譲渡実行予定日は2014年3月下旬。

※ 1米ドル=101.595円で換算。

関連の記事

シダックスがカラオケ事業をB&Vに売却、美味しい食事が仇に

シダックスがカラオケ事業をB&Vに売却、美味しい食事が仇に

2018/06/08

シダックスがカラオケボックス事業をB&Vに売却します。競合他社がカラオケのコンパクト化を進めて設備投資を切り詰める中、シダックスは大箱で質の高い食事を提供する真逆の戦略をとって失敗しました。業界2位のシダックスに何があったのでしょうか?

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5