アルフレッサホールディングス(株)(以下「アルフレッサホールディングス」)は、研究試薬、理化学機器および臨床診断薬等の卸販売等を行う篠原化学薬品(株)(売上高39億9000万円、営業利益2億300万円、純資産21億5000万円、以下「篠原化学薬品」)を完全子会社とする株式交換を行うことを決議した。

医療の高度化と医療費増大を背景とした医療費適正化政策が進められる中、診断薬等の安定供給という社会的使命を果たしつつ、地域におけるきめ細やかなサービスを拡充すると同時に、広く全国展開されるお客様の満足度のさらなる向上を図るためには、両社の持つ機能の強化、および経営資源の相互活用を加速させるべく両社の経営を統合し、早期に効率的な体制を実現することが最善の策であり、結果として両社にも営業ネットワークの強化、物流の効率化、情報システムの連携等様々なメリットをもたらすものであると判断し、株式交換契約を締結することとした、としている。

株式交換比率はアルフレッサホールディングス:篠原化学薬品=1:15.41。

株式交換契約締結日は2014年2月4日。

株式交換効力発生予定日は2014年4月1日。