ファーマライズホールディングス(以下「ファーマライズ」という)は、平成25年4月1日開催の取締役会において、たかはしの発行済株式の全部を取得し、子会社化することを決議した。

たかはしは、北海道釧路市内で調剤薬局を3店舗運営し、釧路地区において信認の厚い有力企業である。

ファーマライズは、たかはしを取り込むことにより、道東地区で3店舗の事業効率の高い薬局を取得することができ、さらにたかはしがこれまで培ってきた地域の人的ネットワーク等の地域医療に関するノウハウを重視し、加えてファーマライズの地域医療や後発医薬品に関するノウハウを融合することで、シナジー効果の発現を見込んでいる。

取得株式数は60株(異動後の所有割合は100%)。

取得価額は820百万円(外部のアドバイザー等に支払う特定の報酬・手数料等は含まれていない)。

引渡期日は平成25年4月30日を予定している。