ヒューマンホールディングスは、中国で教育事業を手がけるヒューマンアカデミー傘下の天津修曼人才教育諮詢有限公司(天津和平区。売上高6600万円、営業利益△4100万円、純資産7300万円)を売却することを決議した。

ヒューマンホールディングスは、中国で教育・人材事業を展開するため、2005年に修曼人才教育諮詢を設立したが、業績が伸び悩んでいた。今後も業績回復の見通しが立たないことや中国のカントリーリスクなども考慮し、同事業からの撤退を決めた。

譲渡価額は20円。譲渡予定日は2013年3月31日。