江守商事は上海の子会社を通じて、医薬品などを販売する瓊海置基医薬有限公司(海南省瓊海市。2010年12月期の売上高は約2億3900万円。営業利益約△3350万円、純資産約1億1600万円。2011年12月期からは休眠状態)の全株式を取得し子会社化すると発表した。

江守商事は新興国の医薬品市場の中でも中国を最重要地域と位置づけており、特に、その成長の大半は現地企業が製造・販売する後発医薬品(ジェネリック)が占めると見込んでいる。そのため、瓊海置基医薬を買収し、同国国内の製薬会社に原薬の販売を開始する。

取得価額は非公表。取得予定日は2013年1月10日。