ワールドインテックは、製薬企業の臨床試験受託事業を行うDOTインターナショナル(東京都中央区。売上高6億7600万円、営業利益2億4000万円、純資産3億4400万円)を、株式取得及び株式交換によって子会社化することを決議した。持株比率は株式取得後に83.16%となる。

DOTインターナショナルは独自の臨床開発モニター教育システムを有する。ワールドインテックは研究開発などの総合人材サービスを主軸とする。今回の子会社化により、DOTインターナショナルの教育システムを活用したスタッフの早期戦力化と臨床受託体制構築のスピードアップ、派遣研究スタッフの活躍フィールドの拡大等を見込む。

取得価額は7億4800万円。取得予定日は2012年11月1日。