M&A速報

ビケンテクノ<9791>、建物メンテナンス事業の小倉興産を子会社化

2012/01/31

ビケンテクノは、建物および関連施設のメンテナンス事業を主力とする小倉興産(福岡県北九州市。売上高11億7000万円、営業利益2100万円、純資産2億4500万円)の株式を取得し完全子会社化することを決議した。

ビケンテクノグループは独立系のビルメンテナンス会社として、清掃・設備管理業務と施設メンテナンス、サニテーション(食品工場の製造ライン機器の洗浄・殺菌)などの新分野に積極的に取り組み、独自のノウハウを培ってきた。小倉興産は北九州地区で数多くのビルを管理し、地域密着型の不動産管理事業や不動産事業、総合建物管理事業を主力としている。今回の子会社化により、両社の相乗効果を発揮しグループ全体の収益拡充につなげる。

取得価額は1億2100万円。取得日は2012年1月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

消えた売上高  5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

消えた売上高 5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

2020/05/23

新型コロナウイルスの影響で業績を下方修正した上場企業の消失した売上高の合計が5兆円に迫ってきた。帝国データバンクが、適時開示情報を基に新型コロナウイルスの影響で業績予想を下方修正した企業について集計した。

アパマン、爆発事故関連で10億円の特別損失を計上

アパマン、爆発事故関連で10億円の特別損失を計上

2019/02/16

不動産仲介のAPAMAN<8889>は、2018年12月に北海道で発生したスプレー缶爆発事故を受け、2019年9月期の業績予想(連結)を下方修正した。爆発事故に関連し、10億700万円を特別損失で計上する。

M&A速報検索

クリア