パイプドビッツは、建築業務のコンサルティング会社ペーパレススタジオジャパン(福岡市。売上高1400万円)の第三者割当増資を引き受け、子会社化することを決議した。ペーパレススタジオジャパンの発行済株式80.0%以上を保有する予定。

パイプドビッツとペーパレススタジオジャパン、他2社は2011年11月、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)の普及促進を目的に、建築プロジェクト管理クラウドサービス「ArchiSymphony」の開発を目指すプロジェクトを発足している。ペーパレススタジオジャパンは同プロジェクトの推進や統括を行うための資金を調達するために第三者割当増資を実施することとした。

取得価額は5000万円。取得予定日は2012年3月1日。