M&A速報

ファンケル<4921>、子会社の雑貨販売事業を新設会社に承継の上でMBOにより譲渡

2011/12/05

ファンケルは、子会社のいいもの王国(東京都渋谷区。売上高82億4000万円、純資産△17億3000万円)が雑貨販売事業を会社分割して設立する新会社(新・いいもの王国)を、ファンケルの名誉会長である池森賢二氏へ売却することを決議した。

ファンケルは、経営体質の強化を目的とした事業の選択と集中を検討していた。分割会社のいいもの王国は社名をいいもの不動産に変更する。

譲渡価額は1億5000万円。譲渡予定日は2012年2月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

ファンケル・池森会長が決断した大手企業の「事業承継」

ファンケル・池森会長が決断した大手企業の「事業承継」

2019/08/13

ファンケルの創業者でもある池森賢二会長が、創業家の保有する自社株33.0%をキリンホールディングスへ譲渡する。「国内サプリメント首位のファンケルと、ビール・飲料大手のキリンの資本提携」と大きな話題になったが、実態は池森会長による事業承継だ。

M&A速報検索

クリア