日本碍子は、子会社のエナジーサポートをTOB(株式公開買い付け)により完全子会社化すると発表した。日本碍子はエナジーサポートの株式45.8%を所有する親会社(実質支配力基準)で、TOBはグループの電力関連事業を再構築することが目的。

買付価格は1株あたり360円で、公表前営業日の終値167円に対して115.6%のプレミアムを加えた。

買付予定数は1154万860株で、買付総額は41億5400万円。

買付期間は2011年11月29日から2012年1月17日までを予定している。決済の開始日は2012年1月24日。