JFEコンテイナーは、連結子会社で18リットル缶を製造・販売するJFE製缶(兵庫県伊丹市。売上高37億6000万円、純資産12億3000万円)と、日本製罐および伊藤忠丸紅鉄鋼が出資する太陽製罐(大阪市。売上高21億5000万円、純資産6億4600万円)の経営を統合することを決議した。

18リットル缶市場は需要が減少する中でも激しい受注競争が続き、さらに原料・資材の価格が高騰する困難な経営環境となっている。JFE製缶と太陽製罐は、西日本地区における18リットル缶事業の強化のために、両社が培ってきた経営資源を集中・再編することで競争力向上を図る。

2012年4月1日にJFE製缶と太陽製罐を保有する持株会社JNMホールディングスを共同で設立し、その後2年以内の合併を目指す。持株会社の出資比率は、日本製罐とJFEコンテイナーが38%、伊藤忠丸紅鉄鋼が24%。

2012年4月13日の適時開示で以下を追加・修正発表。

持株会社は2012年4月23日設立。

株式移転比率はJFE製缶1.00、太陽製罐1.00。