ワークスアプリケーションズは、経営陣による企業買収(MBO)の一環として行われるWPKホールディングス(東京都中央区)による普通株式および本新株予約権に対する公開買付け(TOB)について賛同の意見を表明し、株主への応募推奨を決議した。ワークスアプリケーションの株式は、TOB成立後、一連の手続を経て上場廃止となる。

買付期間は2月1日から3月15日までの30営業日。

買付価格は普通株式1株55000円、新株予約権1個1円。

買付予定数の下限は発行済株式総数の70%で、買付代金は最大255億円となる。