総合ITアウトソーシング事業者として、インターネットデータセンターを核に、iDCサービス、マネージドサービス、ソリューションサービスを展開しているビットアイルは、マネージドサービス業界の老舗で、多数の優良顧客を有し、独自開発の監視システムを活用した顧客サーバのリモート監視からシステム運用のフルアウトソーシング、運用技術の提供にいたるまでの幅広いサービスを展開しているサイトロックの全株式を取得し子会社化する。

サイトロックの全株式は、日本ベリサインが保有し日本ベリサインの株式の53.74%を、シマンテック・コーポレーションが保有している。

取得する株式数は、12,441株、取得価額は900百万円。

なお、サイトロックの保有する現金預金は、平成22年9月末現在で700百万円以上あり、実質的な負担額は200百万円を下回る見込み。