日本ラッドは子会社を通じて、外国為替証拠金取引(FX)事業のアリーナ・エフエックス(東京都千代田区。売上高1800万円、営業利益△4600万円、純資産1億4500万円)の全株式を取得することを決めた。アリーナ・エフエックスは業績不振が続いているが、日本ラッドは同社が持つ人材や技術、ノウハウを生かしてFX事業の発展を目指す。取得価額は同社純資産額の範囲内としており、具体的な金額は非公表。取得予定日は2010年10月29日。