製造派遣・業務請負を行なうワールドインテックは6月11日、日建子会社のニチモリアルエステートの全株式を取得することに関し、日建と基本合意書を締結することを発表した。

ニチモリアルエステートの事業内容・損益財務状況は以下のとおり。

1.中高層マンション等の企画、開発、分譲販売及びその代理

2.事業用マンションの企画、開発、販売及びその代理

3.不動産売買、賃貸及びその仲介、代理

4.不動産企画開発・有効活用等の立案、コンサルティング

平成22年3月期の売上高は738百万円、経常利益は111百万円。純資産は225百万円。

全株式を取得予定であり、株式取得が成立するとニチモリアルエステートはワールドインテックの完全子会社となる予定。株式譲渡価格は現在未定。

人材事業はリーマンショック以降、不況の影響を大きく受けていたが、製造業の回復と同時に同社も平成21年6月以降順調に回復していた。国内の雇用創出・人材育成に向けた事業拡大に必要な体力と組織体制を整えることができたため、新たな柱となる事業の進出を検討していた。

不動産業も人材事業と同様リーマンショックの影響を大きく受けており、不況といわれている今が参入リスクも少なく、ビジネスチャンスがあると総合的に判断した。

6月下旬には株式譲渡契約を締結する予定。