高橋カーテンウォール工業は、不動産賃貸会社のティーケー興産(東京都中央区。売上高1270万円、営業利益△157万円)と2010年5月に経営統合することを決議した。高橋カーテンウォールを存続会社としてティーケー興産を吸収合併する。

ティーケー興産は、高橋カーテンウォール工業の代表取締役会長、代表取締役社長の親族が出資をしている資産管理会社。同社が未公開会社であるため経営実態が解りにくい側面があり、株主構成の明瞭化で企業内容の透明性を高める。

合併比率は高橋カーテンウォール工業1:ティーケー興産30.5。ティーケー興産の普通株式1株に対し高橋カーテンウォールの普通株式30.5株を割り当てる。

取得価額は非公表。合併実施予定日は2010年5月1日。