M&A速報

名古屋鉄道<9048>、ホテル事業の伊良湖リゾート、浜松名鉄ホテルを譲渡

2009/10/26

名古屋鉄道は、傘下でホテル事業を営む伊良湖リゾート(愛知県田原市。営業収益12億3000万円)と浜松名鉄ホテル(静岡県浜松市。営業収益20億5000万円)の全株式を、ホテル、レストラン事業のシンリョー(横浜市)に譲渡することを決めた。

名古屋鉄道は伊良湖リゾートの発行済株式100%、浜松名鉄ホテルの同91.7%を保有している。シンリョーは日本各地でホテル46施設を展開するホテルマネージメントインターナショナル(HMI)グループを形成しており、両社の収益性や将来性を検証した結果、HMIグループに経営権を譲渡することが最善と判断した。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2009年12月4日。

M&Aデータベース

関連の記事

【名古屋鉄道】馬車鉄道から大手私鉄への成長の軌跡(後編)

【名古屋鉄道】馬車鉄道から大手私鉄への成長の軌跡(後編)

2019/04/06

名古屋市電気局の経営となった名古屋電鉄市内線。名古屋電鉄はその後、美濃電気軌道を傘下に収め、鉄路を岐阜に延ばしていった。合併後の1930年9月、名古屋電鉄は社名を名岐鉄道と変更した。さらに、愛知東部への進出を狙い、愛知電気鉄道と合併した。

M&A速報検索

クリア