M&A速報

ステラケミファ<4109>、蓄光ガラスビーズ製造・販売のアライズ・コーポレートを取得

2009/10/01

ステラケミファは、蓄光ガラスビーズを製造・販売するアライズ・コーポレート(東京都新宿区)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

アライズは高輝度蓄光材事業を展開するエム・ケー・ケー(長野県松本市)から蓄光事業を取得し、蓄光ガラスビーズを製造・販売している。ステラケミファは主力の高純度薬品事業の他、近年ではメディカル事業やコスメティック事業、アグリ事業にも参入。アライズの高輝度蓄光材の生産・営業体制を取り込むことで、蓄光事業を国内外の環境関連市場に向けて積極的に供給・普及する。

取得価額は1000万円。取得予定日は2009年10月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

韓国のGSOMIA継続申し入れは本当に「日本の勝利」なのか?

韓国のGSOMIA継続申し入れは本当に「日本の勝利」なのか?

2019/11/27

韓国が2019年11月23日、GSOMIAの破棄直前に「継続」を表明したことで、国内では「日本外交の勝利」との評価が大勢を占めている。だが、本当にそうだろうか?見方と対応を誤れば、日韓関係は破綻を迎え、日本経済にも深刻な打撃を与えかねない。

韓国が手に入れたい「フッ化水素」のメーカーは保育園もやっていた

韓国が手に入れたい「フッ化水素」のメーカーは保育園もやっていた

2019/09/06

日本政府が7月に韓国向けの輸出手続きを厳格化した半導体洗浄用のフッ化水素の国産化に韓国が成功したことが伝えられた。製造工程の一部での使用とされているものの、少なからず日本企業に影響がでる恐れがある。

意外と知られていない韓国経済制裁の対象となる「3品目」とは?

意外と知られていない韓国経済制裁の対象となる「3品目」とは?

2019/07/05

経済産業省は2019年7月4日、韓国に対して半導体製造などに使われる化学製品3品目の輸出規制に踏み切った。この化学製品3品目は「フッ化ポリイミド」「レジスト」「フッ化水素」だが、意外と知られていない。一体どんな物質でどこが製造しているのか。

M&A速報検索

クリア