三菱UFJリースは子会社を通じて、不動産賃貸業の御幸ビルディング(名古屋市。売上高67億1000万円、純資産152億円)の株式を追加取得し子会社化すると発表した。取得先はゴルフ場経営の旭カントリー倶楽部(愛知県豊田市)で、間接保有分も含めた株式の所有割合を34.5%から52.8%に引き上げる。

御幸ビルディングは東京23区内や名古屋、大阪など主要都市に稼働率の高いオフィスビルを保有し賃貸事業を展開している。三菱UFJリースは中期経営計画で不動産関連事業を重点分野に掲げる。今回の子会社化により御幸ビルディングの幅広い事業ノウハウを活用し、不動産関連事業の拡大・強化を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2009年7月29日。