M&A速報

クリーク・アンド・リバー社<4763>、人材派遣のジャスネットコミュニケーションズを子会社化

2009/06/04

クリーク・アンド・リバー社は、ジャスネットコミュニケーションズ(東京都渋谷区。売上高11億円、営業利益1億3200万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

ジャスネットコミュニケーションズは、会計士や税理士などを中心とした人材事業を行っている。幅広い専門分野で派遣業を展開するクリーク・アンド・リバー社は、同社を取り込むことにより、企業経理部門のアウトソーシングサービスを提供する。

取得価額は4億5000万円。取得日は2009年6月4日。

M&Aデータベース

関連の記事

日韓関係悪化で「ユニクロ」も営業減益に 半面韓国企業の買収には増加の兆しも

日韓関係悪化で「ユニクロ」も営業減益に 半面韓国企業の買収には増加の兆しも

2020/01/21

アパレルブランド「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの2020年8月期の営業利益が、韓国での不買運動などの影響で2016年8月期以来4期ぶりに減益に陥る。2020年の日韓関係はどのような方向に進むのだろうか。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5