塩見ホールディングスは、子会社で設計事業を手がける塩見(広島市。売上高11億2000万円、営業利益△2億8200万円、純資産4億2200万円)の行う構造設計、耐震診断、補強設計及び建築設計を中核とした建築設計関連の事業を、あいホールディングス(東京都中央区)グループへ譲渡することを決議した。

塩見ホールディングスは設計事業を中核事業の一つとして位置付け、競争力の強化などに努めてきた。しかし建築基準法の改正により設計業務の長期化や不動産不況による新築物件の著しい減少など、同事業を取り巻く環境は大きく変化している。こうした状況下、同社は今回の事業譲渡により、財政基盤の強化を図る必要があると判断した。

譲渡価額は未定。譲渡予定日は2009年2月23日。