ロジコムは、輸入自動車の販売を手がけるシュテルン武蔵野(東京都武蔵野市)の全株式を譲渡することを決議した。

シュテルン武蔵野は1988年設立で、メルセデス、ベンツ自動車とその部品や付属品の販売が主力事業。ロジコムは2006年に自社ブランドの浸透を目的に同社を子会社化していたが、不動産関連事業に経営資源を集中するため、株式の売却を決めた。

譲渡価額は未定。譲渡予定は2008年11月中。