M&A速報

米投資ファンドのオークツリー、リプラス・レジデンシャル投資法人<8986>へTOB

2008/08/12

米投資ファンドのオークツリー・キャピタル・マネジメント・エルピーは関係会社を通じ、リプラス・レジデンシャル投資法人に対してTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。リプラス・レジデンシャル投資法人による第三者割当増資の引き受けを含め、発行済み投資口の48.40%の取得を目指す。

リプラス・レジデンシャル投資法人はTOBに賛同を表明している。米サブプライム問題の深刻化で不動産投資信託市場が低迷する中、TOBにより財務的安定性を確立し、事業・資産価値の向上を目指す。

TOBの買付価格は1株あたり26万円。公表前営業日の対象株式の終値18万5200円に対して40.4%のプレミアムを加えた。

買付予定数は上限が1万8063株で、買付予定額は46億9638万円。

公開買付期間は2008年8月29日から10月7日までを予定している。

関連の記事

芝浦機械・アマダ・トルク…4月から新社名|社数は10年ぶりに1ケタ

芝浦機械・アマダ・トルク…4月から新社名|社数は10年ぶりに1ケタ

2020/03/31

4月に社名変更する企業は例年、10社以上を数える。ところが、今年は東芝機械、小林産業など6社と2010年以来10年ぶりに1ケタにとどまる。前年4月(17社)に比べると、3分の1だ。

J-REITの合併は株価の値上がりサインとなりうるか?

J-REITの合併は株価の値上がりサインとなりうるか?

2018/06/01

米不動産バブルの崩壊に伴う世界金融危機から10年が経過し、J-REIT市場がようやく落ち着きを取り戻したのもつかの間。日本の不動産市況は上昇から横這いへとシフトしました。魑魅魍魎のように立ち上がったJ-REITは、再編して巨大化しています。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5