MCJは子会社を通じて、インターネットやモバイルコンテンツの企画・開発を手がけるライコスジャパン(東京都千代田区)からコミュニケーションポータルサイト「Cafesta(カフェスタ)」の事業を取得すると発表した。

カフェスタは2002年7月に開設され、現在約177万人の登録ユーザーを擁するコミュニケーションポータルサイトで、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの草分け的存在。インターネット上にコミュニティーを構築したり、仮想空間内のユーザーとの間で情報交換や情報共有が可能。MCJは、カフェスタの拡充によりユーザー数の増加や知名度の向上を図るとともに、グループ製品の宣伝販売機能を兼ね備えたマルチポータルサイトの構築を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2008年4月1日。