M&A速報

アパマンショップホールディングス<8889>、不動産賃貸業のインボイスRMを子会社化

2008/01/30

アパマンショップホールディングスは、不動産の賃貸管理や売買・仲介を手がけるインボイスRM(東京都港区。売上高368億円、営業利益7億3700万円、純資産29億5000万円)の全株式を取得し会社化することを決議した。

インボイスRMはワンルームマンションを中心とした賃貸業や、投資家からの一括借り上げによるサブリースを中心とした賃貸管理事業を主力とする。また「日本全国お部屋探し」ネットワークシステムを保有し全国に事業展開している。アパマンショップは賃貸斡旋件数、賃貸管理戸数では日本最大級で、インボイスRMの事業をグループに加えることで一層の企業価値向上を目指す。

取得価額は未定。取得予定日は2008年3月下旬。

M&Aデータベース

関連の記事

消えた売上高  5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

消えた売上高 5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

2020/05/23

新型コロナウイルスの影響で業績を下方修正した上場企業の消失した売上高の合計が5兆円に迫ってきた。帝国データバンクが、適時開示情報を基に新型コロナウイルスの影響で業績予想を下方修正した企業について集計した。

アパマン、爆発事故関連で10億円の特別損失を計上

アパマン、爆発事故関連で10億円の特別損失を計上

2019/02/16

不動産仲介のAPAMAN<8889>は、2018年12月に北海道で発生したスプレー缶爆発事故を受け、2019年9月期の業績予想(連結)を下方修正した。爆発事故に関連し、10億700万円を特別損失で計上する。

M&A速報検索

クリア