ローランドは米国の音楽制作用ソフトウエア会社のTwelve Tone Systems, Inc.(マサチューセッツ州ボストン。売上高約10億円、純資産約1億4100万円)の株式を追加取得し、子会社化することを決議した。既存株主からの株式取得と、Twelve Tone Systemsが実施する第三者割当増資の引き受けにより、株式の所有比率を現在の14.85%から約60%に引き上げる。

Twelve Tone Systemsは1987年設立で、音楽ソフトCakewalkなどを開発している。ローランドは同社と1995年から業務提携し、ソフトウエアの独占販売権を取得。今回の子会社化で両社の技術の融合による開発期間の短縮と付加価値の高い製品の投入を図る。今後発売する新製品についてはブランド名を「Cakewalk by Roland」として展開する。

取得価額は非公表。取得予定日は2008年2月末。