デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーでは、多様な専門性をもとに、M&Aやクライシスマネジメントなどに係るプロフェッショナルサービスを提供しているほか、大きく変革する状況に対応するべく、我々が持つ専門性を新しい形で届けるために、プラットフォームやアプリケーションなどを介しての取り組みを開始しています。「FA Portal」はこの取り組みの1つとして展開しているWebメディアであり、社会課題や近年のビジネスキーワードなど、さまざまなトピックについて、専門家の視点からさまざまな情報を発信しています。

最新の記事

IPランドスケープの概要

IPランドスケープの概要

従来、特許情報を用いた分析として「パテントマップ」という手法が用いられてきた。パテントマップは特許価値向上、特許戦略立案を主な目的とした現状分析(仮説検証)が中心であった。近年、特許情報を用いた分析手法としてIP(Intellectual Property)ランドスケープという手法が注目されている。IPランドスケープは、企業価値の向上、事業戦略立案を目的とした将来予測(仮説構築)のツールとして位置付けられている。平常時の活用はもちろん、未来志向のIPランドスケープはアフターコロナの企業価値向上、事業戦略立案の仮説構築にも活用できる可能性がある。

記事を読む
世界が注目するベトナムへの理解を深めるために

世界が注目するベトナムへの理解を深めるために

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社の駐在員が、現地のM&Aの状況・トレンド、M&A交渉の際の留意点などをご紹介するシリーズ。本項では、2022年6月までのM&Aの特徴および全体トレンドを俯瞰するとともに、ベトナムにおけるM&Aの頻出論点と対応方法案についても簡潔に紹介します。

記事を読む
認知ギャップで生じる機会損失を避ける視点

認知ギャップで生じる機会損失を避ける視点

思い込みで生じる『認知ギャップ』は、ビジネスやブランディングにおいて見過ごせないリスクを抱えている。本記事では、認知ギャップとは何かをひもとき、リスクを避けるための手法を提言したい。

記事を読む
多業種連携が鍵になるヘルスケアビジネスの新時代

多業種連携が鍵になるヘルスケアビジネスの新時代

2022年11月1日、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下、DTFA)主催のイベント「多業種連携によるヘルスケアビジネス新時代 業種・業界なき時代の新たな競争の視点」が開催されました。少子高齢化が進む日本において数少ない成長産業の1つ、ヘルスケアビジネス。近年は1社対1社ではなく、様々な業種・業界が手を取り合い、日本の健康課題の解決を目指す取り組みが進んでいます。こうした昨今の流れを踏まえ、本イベントでは“異”業種連携でもなく“他”業種連携でもない“多”業種連携と銘打ち、DTFAのプレゼンター3名が、ヘルスケアの課題を解決し、新時代を切り拓いていくポイントを解説しました。

記事を読む
変動するツーリズム業界とパーパスドリブンな働き方

変動するツーリズム業界とパーパスドリブンな働き方

株式会社シー・アイ・エー(以下、CIA)は「未来のあるべき姿を描き、想像し、クリエイティブに社会に貢献する」をモットーに事業を展開しているブランド・コンサルティング会社です。今回は、CIAのファウンダーであるシー ユー チェンと代表取締役社長の江島成佳が過去のプロジェクトでその手腕を頼った株式会社SciFunxion(以下、サイファンクション)代表取締役の岡田 光氏を招き、ホスピタリティ含むツーリズム業界の現状や岡田氏の仕事観などについて語り合いました。

記事を読む
デジタルセラピューティクス(DTx)が普及したあとの世界とは

デジタルセラピューティクス(DTx)が普及したあとの世界とは

医療ソリューションの鍵を握ると注目されているDTxの基本を解説した第1回に続き、今回はDTx事業を含む4つの事業を運営している株式会社MICIN(以下、MICIN)の代表取締役CEO原 聖吾氏にご登場いただき、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下、DTFA)浦川と対談を実施しました。医師の資格を持ち、スタンフォード大学でMBAを取得したIT起業家でもある原氏に、浦川がコンサルタントとしての観点から、DTxの現状や課題、展望などについてお話を伺います。

記事を読む
知財DDの概論

知財DDの概論

IoT、DXなどの技術革新により、自前による技術開発に依存せず、他者から技術導入(ライセンス、共同開発などのアライアンス、出資、M&Aなど)する機会が増加している。出資やM&Aによる技術導入では、導入したい技術を自社事業に活用できるか、対象会社の技術と当該技術を保護する知的財産権をきちんと評価することが重要である。本コラムでは、技術とビジネスの関連性を評価する手法である「知財DD」に関して、実施手法や他DDとの関連性などの概要を解説する。

記事を読む
デジタルセラピューティクス(DTx)の基本の「き」

デジタルセラピューティクス(DTx)の基本の「き」

新たな治療手段として期待されている「デジタルセラピューティクス(以下、DTx)」。日本では「治療用アプリ」ともいわれ、その市場規模は年率25~30%程度の高い成長率が見込まれています。また注目度の高さから、近年はメディアでも取り上げられる機会が増えてきました。このようにDTxは大きな注目を浴びている一方、明確な定義がないため、なかなか実態を捉えにくい側面があります。そこで今回はデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社でライフサイエンス・ヘルスケア分野を担当する浦川慶史に、DTxの意味やメリット、世界中のDTxの取り組みなど、DTxの基本について話を聞きました。(聞き手:編集部 渡辺真里亜)

記事を読む
オンライン診療の現在地と今後の可能性

オンライン診療の現在地と今後の可能性

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、遠隔で診察や治療を行うオンライン診療が注目を集めています。規制緩和も継続的に実施されており、2022年度診療報酬改定においてもオンライン診療に関する改定が行われました。この記事では規制動向や先進事例を紹介しながら、オンライン診療の普及に向けた課題や方向性を考察します。

記事を読む
人の人生がかかるM&Aの本質とは

人の人生がかかるM&Aの本質とは

2022年9月、株式会社ストライク(以下、ストライク)とデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下、DTFA)は、中小企業の事業承継・M&Aを推進することを目的に協業を開始しました。両社の協業を記念して2022年10月21日に開催されたセミナー「M&A業界の近未来像」をレポートします。

記事を読む
DXが抱えるリスクに抜かりない対策を~企業が今考えること(後編)

DXが抱えるリスクに抜かりない対策を~企業が今考えること(後編)

デジタル化が進む現代の平時におけるインシデント対応を解説した前編に続き、後編では有事の際に意識すべきこと、企業のガバナンス体制構築などについて、TMI総合法律事務所の寺門峻佑氏から解説いただきます。寺門氏からは、今後の企業が取るべき行動を具体的に示唆していただきました。(聞き手:編集部 村上尚矢、キムヨンミ)

記事を読む
DXが抱えるリスクに抜かりない対策を~企業が今考えること(前編)

DXが抱えるリスクに抜かりない対策を~企業が今考えること(前編)

社会全体がデジタル化に向けて進んでいる今、情報セキュリティに関する意識も高まっています。特に企業にとって予期せぬインシデント発生時の対策を策定することは、喫緊の経営課題といえるでしょう。平時、有事にそれぞれ何を成すべきか。リスクマネジメントに精通し、実務経験も豊富なTMI総合法律事務所の寺門峻佑氏に解説してもらいました。(聞き手:編集部 村上尚矢、キムヨンミ)

記事を読む
クラブの株式上場解禁

クラブの株式上場解禁

Jリーグでは、2022年2月に開催された理事会において、クラブの株式上場を解禁することを決定しました。1993年のJリーグ開幕以降、クラブの株式上場を制度的に不可能としていたリーグ規約の存在により、これまでクラブが上場した事例は1件もありませんが、今回のクラブ経営に関する規制緩和により、今後上場を目指すクラブが現れるかが注目されます。本コラムでは、Jリーグが行った規制緩和の内容と今回の上場解禁によって期待される効果や影響について考察したいと思います。

記事を読む
東南アジアのスマートシティ戦略と今後の展望

東南アジアのスマートシティ戦略と今後の展望

多くの東南アジアの都市では、都市化と人口増加が急速に進んでおり、それに伴う気候変動に対する環境対策や慢性的な渋滞問題への対応に迫られています。そして、それらの問題解決のために昨今注目が集まっているのが「スマートシティ」という概念です。スマートシティとは、デジタル技術を活用して都市の計画・運営・管理などを行い、企業や生活者の利便性・快適性の向上を目指す考え方のことを指します。この記事ではMaaSやTOD、都市OSといったスマートシティと関連の深いキーワードを解説しながら、東南アジアにおける最新の都市開発事情をひもといていきます。

記事を読む
LaLigaとJリーグの比較

LaLigaとJリーグの比較

デロイトUKが毎年発行しているFootball Money Leagueにおいて、欧州5大リーグに所属するクラブの売上高ランキングのトップに必ず顔を出しているレアル・マドリ―とFCバルセロナ。楽天がFCバルセロナのメインスポンサーを務めたことや、世界的スーパースターのイニエスタ選手が日本でプレーしていることもありなじみの深いLaLigaですが、本コラムではLaLiga1部(以下、LaLiga)をベンチマークとして、Jリーグと売上構成や費用構成などの比較を通して、収益拡大や効果的な支出のヒントを探りたいと思います。

記事を読む