M&A速報

マクニカ・富士エレホールディングス<3132>、台湾電子部品商社のAnswer Technologyを子会社化

2019/05/07

マクニカ・富士エレホールディングスは台湾子会社を通じて、現地の電子部品商社であるAnswer Technology Co., Ltd.(安馳科技股份有限公司、新北市。売上高148億円、純資産52億円)に対してTOB(株式公開買い付け)を実施することを決めた。買付予定数は発行済み株式数の50%(上限)~35%(下限)で、買付代金は約33億9000万~48億4000万円。子会社または持分法適用会社とする。

買付価格は1株41台湾ドル(約147円)。買付期間は2019年5月8日~6月26日。

Answer Technologyは1982年設立で、従業員約150人。半導体製品、産業パソコン、ネットワーク・通信機器、半導体製造装置向け検査機器などを取り扱っている。マクニカとは主要な取扱製品が共通する。マクニカはAnswer Technologyを傘下に取り込み、アジアでの事業拡大を加速させる。

M&Aデータベース

関連の記事

【加賀電子】富士通エレを子会社化 、業界トップへ宿願のM&A

【加賀電子】富士通エレを子会社化 、業界トップへ宿願のM&A

2019/01/10

加賀電子が1月1日に富士通エレクトロニクスを子会社化した。連結売上高は5000億円規模と、エレクトロニクス商社として業界トップクラスに躍進する。今年は加賀電子設立50年の節目。次の50年に向けて今回の大型M&Aが跳躍台となるのか。

M&A速報検索

クリア