北興化学工業は産業用・衣料用繊維資材販売の村田長(大阪市。売上高29億3000万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

村田長は1885(明治18)年創業で、130年を超える業歴を持つ繊維資材の専門商社。原料からの素材開発と独自の付帯加工に定評があり、自動車や家具、鞄、靴、アパレル、ペット、防災、介護など幅広い分野で使われている。

北興化学工業は同社を傘下に取り込み、新たな素材の開発・生産につなげるとともに、防菌防カビ剤やファインケミカル製品を取り扱う子会社の北興産業のマーケティング機能と融合することでシナジー(相乗効果)創出を期待している。

取得価額は非公表。取得予定日は2019年3月18日。