アクトコールは子会社でAI(人工知能)関連の研究開発を行うジーエルシー(東京都新宿区。売上高6500万円、営業利益500万円、純資産△4400万円)の保有株式(83.33%)のすべてを、ジーエルシーの現副社長である金子裕輔氏に譲渡することを決議した。

アクトコールは2016年2月にAIの研究開発とAIによるコールセンター運営業務の最適化を目的にジーエルシーを設立したが、業績がふるわなかった。また、過年度の決算訂正に伴い、不動産総合ソリューション事業を含む近年の新規事業や不採算事業の抜本的な見直しに迫られていた。こうした状況下、副社長を務める金子氏からMBO(経営陣による買収)の形で保有株式を取得したいとの申し出があったという。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2018年11月30日。