ワキタは、土木建設機械の販売・賃貸を行う信陽機材リース販売(長野県上田市。売上高19億2000万円、営業利益△2900万円、純資産8億2500万円)などグループ3社を子会社化することを決議した。

ワキタは土木建設機械の販売・賃貸を主力事業の一つとする。同業の信陽機材グループを取り込み、甲信地区での業容拡大につなげる。子会社化するのは信陽機材リース販売のほか、屋外トイレ販売・賃貸のクリーン長野(同。売上高3億9900万円、営業利益3300万円、純資産2億1400万円)、土木建設機械の販売・修理の信陽サービス(同。売上高4億7100万円、営業利益5100万円、純資産2億8500万円)。3社の社長を務める若尾信夫氏の所有株式のすべて(100%~66.7%)を取得する。

取得価額は非公表。取得予定日は2018年11月1日。