高見澤は生コンクリートを製造・販売する中国子会社の烟台市長野建材有限公司(山東省。売上高1億3800万円、営業利益△205万円、純資産2億400万円)の出資持分(95%)のすべてを、建設資材販売の天津協群裕泰商貿有限公司(天津)に譲渡することを決議した。

高見澤は2012年に、生コン製造販売を目的として現地企業との合弁で烟台市長野建材有限公司を設立した。しかし、業績低迷が続き、将来展望が見込めないことから、事業撤退を決めた。

譲渡価額は7280万円。譲渡予定日は2019年1月。