デジタルハーツホールディングスは、ソフトウエア第三者検証・評価検証を主力とするエイネット(長野県上田市。売上高2億5100万円、営業利益2040万円、純資産1億2300万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

エイネットは1989年設立で、テストの要求分析から基本設計・詳細設計、テストチームマネジメント、評価まで一連のテスト事業を展開し、医療機器検証の分野で実績を積んでいる。デジタルハーツは同社を取り込むことにより、テスト分野のなかでもとくにIT技術の利活用で急速な成長が見込まれる医療・ヘルスケア領域に進出する。

取得価額は非公表。取得日は2018年8月31日。