M&A速報

技術商社の理経<8226>、航空機関連会社を買収

2017/10/23

理経は、エアロパートナーズ(売上高:25億円、営業利益:4千万円、純資産:2億円)の全株式を取得し、連結子会社化することについて決議した。

エアロパートナーズは、リアジェット、ヘリコプター等航空機及び航空機部品の販売に関する豊富な経験・ノウハウを活かし、現在は防衛省を主要販売先として、機体部品、エンジン部品、電子機器などの販売及びそれらの保守、修理事業等を手掛けている。

理経では主として電子部品及び機器事業において、長年にわたり防衛省向け機材の提供を行っており、エアロパートナーズをグループ会社として迎えることが理経グループの事業基盤の強化、及び、総合的な企業価値の向上につながるものと判断し、株式取得による子会社化を決定した。

株式譲渡価額は非公表。

株式譲渡実行予定日は平成29年10月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

2018/02/22

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

M&A速報検索

クリア