ERIホールディングスは、戸建住宅を中心に住宅性能評価を手がける住宅性能評価センター(東京都新宿区。売上高22億3000万円、営業利益2億2000万円、純資産9億2800万円)を子会社化すると発表した。住宅性能評価センターの代表取締役社長である田野邉幸裕氏が株式を取りまとめたうえでERIホールディングスに譲渡される。同社株式(議決権ベース)の66.7%から82.6%の取得を目指す。

住宅性能評価センターは東日本、西日本を中心に14事業所で展開。ERIホールディングスは同社を取り込み、市場シェア拡大を目指す。

取得価額は最大で11億7000万円(デューデリジェンスなど関連費用を含む)。取得予定日は11月22日。