アルファクス・フード・システムは、取締役会においてナチュラルグリーンリゾートからホテル運営事業(売上高:1億円)を譲り受ける事を決議した。

ホテル運営には宿泊客への食事の提供を始め、外食産業に関連する多くのノウハウが含まれることから、アルファクス・フード・システムの主な顧客である外食産業の求めるニーズの適時的確な把握や新たな製品・サービスの試験的な運用、また既存事業とも相乗効果が見込まれる。そのため、アルファクス・フード・システム代表取締役田村氏から本不動産を取得するとともに、 本不動産においてナチュラルグリーンリゾートが運営している本事業を承継することは、アルファクス・フード・システムの企業価値向上に資するものであると判断した。なお、本事業譲受は、本自己処分の実施を条件として実施する。

事業譲受価額は3千万円。

事業譲受予定日は平成29年9月21日。