サダマツは、眼鏡事業を眼鏡・コンタクト販売業のヨネザワ(熊本市。売上高115億円)に譲渡すると発表した。

サダマツの眼鏡事業は売上高全体の約 1.4%(2016年8月期)までシェアが縮小しており、事業ポートフォリオの最適化を検討した結果、主力の宝飾事業に経営資源を集中することにした。

譲渡価格は1億800万円。譲渡は2016年12月1日と2017年1月1日の2回に分けて実施する予定。