空調を核としつつ電気、衛生、自動計装、防災等設備全般を提供する新日本空調(東京都)は、大手自動車会社や大手食品メーカーを中心とした工場の電気設備および産業施設設備事業を行う日宝工業(神奈川県、売上高48億円、営業利益4億円、純資産13億円)の全株式を取得し、子会社化する株式譲渡契約の締結を決議した。

新日本空調は、従来の両社の強みを活かした新たなサービスを提供することができ、さらに両社の技術力の共有等によるシナジーも十分に見込めるとしている。

株式取得価額は未決定。

株式譲渡実行日は平成28年10月31日。