アサツー ディ・ケイ(東京都)は、アニメーションの企画・開発・制作、販売及び輸出入等を行うゴンゾ(東京都、売上高14億円、営業利益4億円、純資産△10億円)を連結子会社化するため、同社の株式を公開買付けにより取得することを決議した。

ゴンゾの筆頭株主である、いわかぜ1号投資事業有限責任組合(所有割合80.22%)は、本公開買付に応募する契約を締結している。

アサツー ディ・ケイは、ゴンゾが国内外で高く評価されているアニメ作品の権利を保有していることから、グループを通じて海外配信業者へ販売することが可能であり、アニメ作品のラインナップ拡充を図ることができるとしている。また、ゴンゾのアニメ制作機能を内製化することにより制作利益を取り込むことが可能になるなど、シナジー効果が期待できるとしている。

公開買付の買付価格は1株あたり26,819円。買付予定数は232,662株、下限は188,458株、上限は設定されていない。買付価額は62億円。

買付期間は平成28年7月15日から8月22日。

アサツー ディ・ケイは、ゴンゾの連結子会社化を目的としており、完全子会社化は企図していない。本公開買付けによりゴンゾの株式等所有割合が3分の2以上となることから上限を設けておらず、買付予定数の下限以上の応募があった場合には、全部の買付け等を行うとしている。