アサツー ディ・ケイは、アニメーション制作のゴンゾ(東京都杉並区。売上高14億5000万円、営業利益4億3900万円、純資産△10億9000万円)をTOB(株式公開買い付け)により子会社化(所有割合99.04%)すると発表した。ゴンゾの筆頭株主である、いわかぜ1号投資事業有限責任組合(所有割合80.22%)はTOBへの応募を表明している。

ゴンゾは国内外で高く評価されているアニメ作品の権利を保有している。アサツーディ・ケイは同社を子会社化すれば海外配信業者への販売が可能となり、アニメ作品のラインナップ拡充を図ることができると判断した。また、ゴンゾのアニメ制作機能を内製化することで制作利益を取り込むことが可能になるなどのシナジー効果を見込む。

買付価格は1株あたり2万6819円で、買付価額は62億3976万2178円。

買付予定数は23万2662株(下限は18万8458株で上限は設定されていない)。

買付期間は2016年7月15日から8月22日までを予定している。決済の開始日は2016年9月28日。